NEWS

今年の夏限定、桂樹舎「和紙」のオリジナルボックスで贈る 幸と技のこわけ “夏のおふくわけセット” 発売開始!

富山県内のものづくり企業 9 社と 9 作家が集結し、様々な素材・技法でテーブルウエアを中心に商品を展開する「越中富山 技のこわけ」。
錫や硝子などの夏にぴったりな素材による福分け皿と、兄弟ブランドの「幸のこわけ」を組み合わせて、ギフトセットに仕立てました。

八尾の和紙メーカー桂樹舎の型染め和紙を上蓋に使用した新商品「福分け箱」に詰めてお届けします。今回の型染め和紙のデザインは、古くから親しまれている「唐草」を木工作家・デザイナーの下尾さおり氏監修による夏らしいオリジナルの色で染め上げた、この夏限定のものになります。

桂樹舎の和紙は非常に丈夫で長くお使いいただけるのが特徴のひとつつです。
ギフトボックスとしてお使いいただいた後は、集めている小物などを入れる小箱として愛でて頂けたらと思います。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で直接会えない大切な方や、笑顔を届けたいみなさんへ。
富山の自然豊かな風土から生まれた品々を、是非この機会におすそわけしてみてください。