ABOUT

贈る人、もらう人、そしてつくり手や自分自身もよろこびや豊かさを分かち合えるように。 富山の卓越した工芸の“技”と、富山ならではの幅広い素材・技法を用いて、手頃なサイズと値段の商品群で展開し、敷居の高いイメージの品々を生活に取入れるきっかけとなるようなブランドを立ち上げました。 富山県の研究機関である富山県総合デザインセンターが中心となり企画・運営を行っています。